道の駅あびら D51ステーション

title

展示等に関するお問合せ

COLUMN & NEWSコラム&ニュース

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • SL倉庫内のD51 320の様子
  • 追分駅やSL関連プレートの展示
  • 貴重な数々の鉄道資料を展示
  • ついに、主役がそろい踏み
  • SLのプロフェッショナルたち
  • 協三工業製10t動機

MORE

MOVIE GALLERY動画

北海道胆振東部地震から9ヵ月、ついにD51 320が道の駅へ移設されました。

MORE

D51鉄道資料館についてD51MUSEUM

D51 320 屋外展示について

定例屋外展示日

6月30日(日) 7月14日(日) 7月28日(日) 8月11日(日) 8月25日(日)
9月8日(日) 9月22日(日) 10月13日(日) 10月27日(日)

特別屋外展示日

8月4日(日)夏休み展示 / 8月18日(日)お盆展示 / 10月14日(月)鉄道の日

展示時間

10:00〜14:00

●雨天は中止とし、通常開館(屋内展示)となります。
●屋外展示中は安全面に配慮し、屋内の鉄道資料館は立入禁止となります。
●通常開館(屋内展示)は4月1日〜10月31日となります。
●冬季間(11月1日〜3月31日)についてはガラス越しの展示となります。
 ご理解・ご協力のほど宜しくお願い致します。

キハ183-214 一般公開について

通常公開

客室内のみを公開となります。 ●公開時間 9:00〜18:00

特別公開

係員を配置し、客室の奥にある「機械室」「運転室」を公開します。

 ●午前の部 10:00~11:45
 ●午後の部 12:00〜14:00
※特別公開日については、9:00〜9:30、14:30〜18:00の各時間帯は通常公開として客室に入ることができます。

展示等に関する詳細のお問合せは下記までお願い致します
(お問合せ受付時間:平日9時〜17時まで) 安平町教育委員会総合教育グループ TEL : 0145-25-2087

MAP

  • 1. 蒸気機関車D51 320

    1. 蒸気機関車D51 320

    日本のSLの代名詞「デゴイチ」。国鉄SL終焉の地 追分で、OBの手によって国内指折りの状態で維持。

  • 2. 列車行先案内表示板(サボ)

    2. 列車行先案内表示板(サボ)

    車両の側面に取り付けられていた列車行先案内表示板(サボ)のほか、追分駅の看板、SLのナンバープレート等を展示。

  • 3. 追分の鉄道史パネル

    3. 追分の鉄道史パネル

    室蘭本線・夕張線で活躍した蒸気機関車をはじめ、鉄道とともにできたまちの歴史を写真パネルで紹介。

  • 4. 貨車移動機 協三工業製10t動車

    4. 貨車移動機 協三工業製10t動車

    コンテナ化される前の貨物の入れ換えに活躍した機械。D51320の移動のため、今も稼動している。

  • 5. 鉄道関連資料

    5. 鉄道関連資料

    機関士のユニフォームをは じめ、鉄道合図灯(カンテラ)、運転席のレバー等、貴 重な資料を展示。

  • 6. 追分機関区のジオラマ模型

    6.追分機関区のジオラマ模型

    1976年(昭和51年)4月13日、火災で焼失した追分機関庫の姿をジオラマで再現。D51形や9600形が多数配置。

  • 7. 安平町鉄道年表

    7. 安平町鉄道年表

    安平町と鉄道の歴史を振り返る鉄道年表ほか、 「D51 320やキハ183系」に関する動画やパネル資料を展示。

  • 8. キハ183-214

    8. キハ183-214

    追分に特急列車が停まるようになった、石勝線開通時に登場したキハ183系を展示。クラウドファンディングで保存された車両。

  • 9. 車掌車 ヨ3500 と 有蓋車貨車 ワム80000

    9. 車掌車 ヨ3500 と 有蓋車貨車 ワム80000

    主に貨物列車の最後尾に連結されていた「車掌車」と「ワムハチ」の愛称で知られる国鉄標準型の「有蓋貨車」。

ToTop